読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロシア フードビジネス

現地ロシアからお届けするロシア飲食事情の今

ロシアでスタバのライバルと評されるカフェチェーン

f:id:obshepit:20170311081104j:plain

ロシアにおいて、スタバのライバルと評されるДаблби(ダブルビー)の創業者アンナ・ツファスマン氏のインタビュー記事。こちらから。

Даблбиはコーヒー豆と、それを扱うバリスタの質に徹底的にこだわり、ロシアのカフェチェーンでは珍しくフード系メニューは一切なく、コーヒー一本で勝負して多店舗展開を遂げたコーヒーチェーンです。現在、モスクワを中心にロシア国内に約50店舗を展開し、ロシアの飲食店では珍しく海外展開も果たしており、プラハ、リガ、ミンスク、トビリシ、バルセロナにも店舗を設けています。

事業を始めた当初は「コーヒーだけでは生き残れない」と周りから言われたそうですが、高品質の豆を使い技術確かなバリスタが淹れるコーヒーを150ルーブルと低価格で提供し、コーヒーだけの店舗でも消費者の心をがっちりつかんだようです。

同社は人材の育成に強いこだわりを持っており、新人は、6週間に渡る研修を経て最終試験に合格した場合にのみДаблбиのバリスタとして店舗に立つことができ、その後も毎週本部の人間が店舗のチェックに周り、少しでもスタンダードに劣るものを提供しているのが発覚した場合は、すぐに再研修に送られるそうです。

すべては「世界で一番のコーヒープロフェッショナル」になるというミッションを達成するためとのこと、今年度中に100店舗、5年以内に3000店舗を世界中に展開する目標をかかげています。

アジア地域もターゲットとしているとのことですから、今後日本への進出も考えられるかもしれません。